忍者ブログ
オリジナルボイスドラマ企画制作用memo
| Admin | Write | Comment |
5月1日20時00分までに来たメールは全て返信しました。
 返信されていないという方は、お手数おかけしますが、再度ご送信ください。


――――
不受理:0件
――――

現在の応募状況はこちら↓

秘密


応募開始からまだ一日も立っておりませんが、数件応募のメールが来ました。
本当にうれしい限りです。

さて、前回のmemoにてお話しました通り、
これから応募状況と一緒に少しずつ公開しきれなかった設定をお話しようと思います。
まずはキャラクター編、ランジエについてお話しましょう。
(追記から詳しく見ることができます)

ランジエ
年齢:25
元、旅人。旅をしながら詩や物語を書いていた。
森の中で足を怪我し旅をやめて団員になった。
脚本及び演出担当。

ランジエに関しては特に語ることはあまりないのですが・・・;;
サイト上では上記のように「足を怪我して」と書いておりますが、実際のところ、かなりの重症を負いました。
助けの来ない森の中で、今にも死にかけていたところ、ランジエは団長と魔法使いの少年によって助けられたのです。
命を助けられただけでなく、少年の魔法で義足まで用意してくれました。
昔話本編中にもちょっとだけでてきますが、ランジエはリハビリも兼ねて劇団員の活動をしています。
また、本人としては助けてもらった恩も劇団に貢献する大きな理由です。

大人でしっかりとしていますが、そんなランジエでも子供っぽいというか変なところがあります。
ランジエは子供が大好きで、よくピアノと団長に着せる服を作ってきます。
(衣装は基本アンが担当していますが手伝いでランジエも作っています)
そんなランジエがよく作る衣装は、可愛いものが多いです。
そのせいもあって、青年からは「ロリコン」と言われてしまいますが、彼はただの子供好きです。
選考台詞の「ピアノ着せ替え大会」はランジエとアンの趣味で開かれる大会です。
団長とランジエ、アンはノリノリですがそれ以外の人はあまり興味が無いです。(しかし団長の権限で全員参加)

ランジエは最年長者と言っても過言ではない人物です。
なので、それなりに本人もしっかりしないといけないという自覚があり、遊んでいるようでちゃんと周りも見えています。
どうでもいい情報ですが、ランジエは髪を切りたいと思っているようです。


こんな感じです。
ちなみに、昔話の名前のある登場人物は、皆名前に由来が存在しております。
気づいた方もいらっしゃるかもしれませんね。
その由来についても、ここで紹介させて頂きましょう。

ランジエの名前の由来は、
仏語で『見知らぬ人』『旅人』の意味を持つ【エトランジェ:étranger】が元になっています。
本来エトランジェは『旅人』ではなく『異国からの旅行者』という意味だそうですが、
ここでは『旅人』の意味を込めてつけさせて頂きました。
元・旅人というわけでそのまんま「ランジエ」という名前になりました。


次回はピアノについてお話しようと思います。
それでは、失礼いたします。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c 制作メモ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]